H液

H液

一般枚葉機用アルコールレスH液
スーパーファント200S

抜群の給水効率で湿し水が大幅に絞れます・・・

  • 湿し水と同時にインキも大幅に絞れ、印刷品質の向上と経費削減を同時に得る事ができます。
  • 過給水による用紙の伸縮がなくなります。
  • 立ち上がりが早くヤレ紙が減ります。
  • 静電気の発生を防止し、ザラ紙・フィルム印刷においても用紙の流れがスムーズになります。

インキの過乳化を防ぎます・・・

  • 適正乳化を保持し、過乳化によるトラブルを全て解消。
  • ロングランでもハンズフリーでクリアな印刷を実現します。
  • 給水系ローラーの感脂化を防ぎ、常にクリーンな湿し水を安定して供給できます。
  • 給水装置のタンクの汚れが出なくなります。
  • 版の浮汚れを防ぎます。
  • シャープな網点とハイグロスな印刷を実現します。

保水成分を配合・・・

  • 再稼動時のストップ汚れがなくなります。
  • 版の地汚れを防ぎます。
  • ブラン端汚れもなくなりブラン洗浄が容易になります。

消防法第4類第3石油類
PRTR法非該当
VOC対策品

水を制する者はオフセット印刷を制する

水を絞るには・・・

*機械のコンディションを水の絞れる状態にメンテする。

それにはまず給水ローラーとインキローラーの初期化すること。
ここに言う初期化とは、単に溶剤で洗浄するのではなく、ローラー表面の付着物を完全に除去し、 新品の状態に戻すことです。
オフセット印刷の隅々まで知り尽くしたベテランオペレーターとケミカルとメンテナンスの
スペシャリスト達がコラボし、フィードバックをくり返し開発された弊社のメンテナンス製品を
是非ご使用ください。

*機械を最適状態に調整する

*水の絞れるH液を使用する。

それにはまず給水ローラーとインキローラーの初期化すること。
水をあげることばかり考えてきた従来のH液では水を絞って理想の薄い水膜を形成することは
できません。
新しい素材をベースに、理想の水膜形成と適正乳化を追及した弊社H液“スーパーファント200S”の 今までにないパフォーマンスをご実感ください。

その結果・・・

インキの使用料は大幅に減ります。
立ち上がりが早くヤレ紙が減ります。
汚れの出ない速乾印刷によりロスタイムを削減。
印刷物のグロスアップ。

一言で言えば・・・

印刷品質の向上と大幅なコスト削減ができます。

H液の成分はみな同じでしょうか?

スーパーファント200S”は従来製品とは成分が違います。

H液の値段を製品価格だけで比較していませんか?

希釈率によってH液の消費量は変わります。
水を絞れるH液ではさらに消費量に差が出ます。
しかし、そんなことよりH液によってインクの消費量が大幅に変わることを知ってください。

スーパーファント200S”は水が絞れると同時にインキの消費量を大幅に削減することができます。

スーパーファント200S”は高品質印刷と大幅なコスト削減を両立するH液の革命児です。

photo01
photo02